きゅうり サトウキビ スイカ トウモロコシ トマト ナス ネギ ミニトマト メロン 空豆

竹糖(サトウキビ)の定植、トウモロコシ・きゅうりの苗のポット上げ

竹糖(サトウキビ)の定植

ネットで注文していた
竹糖(サトウキビ)の
苗が届きました。

前に沖縄のサトウキビも
ネットで購入して注文しましたが、
今回のサトウキビは、
沖縄のサトウキビでは無く
和三盆という砂糖の
原料になる竹糖という
サトウキビの品種を買いました。
和三盆は香川や徳島の辺で
作られているので、
竹糖も香川や徳島では
作られている品種では
無いかと思います。
※確証は有りません。

私の住んでいる地域では、
連休明けになると
遅霜の心配が有りません。
できれば連休明けに
出荷してくれれば、
私としてはベストの
タイミングだったのですが
相手の有る事なので
しょうがありません。
次の日曜の朝の気温が
天気予報で7,8度になるので
月曜に植えようかとも
思いましたが、
遅霜にはならないだろうと思い
畑に植えに行きました。
毎年植える沖縄産のサトウキビを
植える場所は決めていましたが
まだ耕してもいません。

植える野菜を決めていない場所に
急遽植える事にして、
片付けを急いでしました。
草は暇な時に取っていたので
そんなに時間はかからずに
竹糖(サトウキビ)を
植える場所の用意はできました。
片づけをした後に
竹糖を定植しました。
遅霜はまず大丈夫だと思いますが、
連休明けになるまでは、
念を入れてあんどんを
しておきました。
竹糖の方が沖縄の
サトウキビよりは寒さに
強いと思っているので
少々の寒さは
大丈夫だと思います。

沖縄のサトウキビを植える場所の
片付けもついでにしました。
今日は鍬を入れて耕しました。
ゴミ取りはまた次回です。

トウモロコシ・きゅうりの苗のポット上げ

セルポットで育てていた
トウモロコシ・きゅうり・ネギの苗で
ポットに上げる事が出来る苗を
ポットに上げていきました。
今年初めのトウモロコシは
発芽率が悪かったです。
次のトウモロコシの苗も
作っているので
また出来次第、
ポットに上げていきます。
きゅうりは播いた時期が
つい最近なので
気温も上がっていて
発芽も早くいっしょにポットに
上げていきました。
ネギもついでにしていきました。

セルポットを見ると
最近種まきをしたのは
芽が出てきています。
オクラやまくわうりも
芽が出てきています。

反対に早い時期に
種まきをしたのは、
ビニール温室には
入れていましたが、
発芽が悪かったです。
最初に種まきした
枝まめも芽は出ましたが、
まだポットに上げれる
大きさにはなっていません。

アブラムシの駆除

アブラムシの駆除もしていきました。
てんとう虫の幼虫も
徐々に目に入るようになりました。
ナスやメロンにもてんとう虫の
幼虫も見かけるようになりました。
これでアブラムシが食べられて
減ってくれればいいのですが...

そら豆にもてんとう虫の幼虫を
見るようになりましたが、
そら豆にはアブラムシが
付きまくっています。
今日もブラシで
落とせるアブラムシは
落としていきました。

 
 
スポンサーリンク


 
 

-きゅうり, サトウキビ, スイカ, トウモロコシ, トマト, ナス, ネギ, ミニトマト, メロン, 空豆

Copyright© 道楽菜園日誌 , 2020 All Rights Reserved.